スタッフ紹介

医師:安成憲一

img_staff_02.jpg
分かりやすい説明で、不安を取り除くことが大切。

子どものときに病気にかかり、治療してもらった医師に憧れてこの世界へ入りました。医師の役割として大切なのは、患者さまの不安をできるだけ取り除いてあげることだと思います。分かりやすい丁寧な説明を心がけています。お子さまの場合は親御さまに状態をよくお伺いして、適切な診療を行います。今後の目標は、一人ひとりの患者さまの話をよく聞くこと、待ち時間を短くすること。二律背反することですが、どちらも実現していきたいと思っています。

患者さまとご家族の喜びは私たちの喜びです。

当院は、禁煙外来を開設しています。以前、兄弟3人で受診された方がいらっしゃったのですが、長男さまは成功、次男さまも成功、三男さまは残念ながらそのときは成功しませんでした。後日、皆さまがご実家に帰られたとき、いつもなら15分で灰皿が吸殻でいっぱいになるそうなのですが、成功したお2人はもちろん、三男さまも遠慮して吸わなかったそうです。このことに対し、お母さまが診療とは関係なく、「ありがとうございました」とお礼を言いに来てくださいました。すごく感激したのを覚えています。これからもたくさんの患者さまに喜ばれる診療所でありたいと思っています。

看護師

P9270012.JPG
たくさんの患者さまから選ばれる診療所に。

みどり診療所はアットホームな診療所です。
気配り目配り心配りで、患者さまの状況を常に意識し、患者様の不安な気持ちを少しでも
和らげられるよう、いつも笑顔を心がけています。
「何かあったら、みどりへ」「安心できるから、みどりへ」と、
一人でも多くの患者さまから言われるように日々励んでいます。

やさしい心と言葉の院長が診療所の自慢です。

院長は女性ならではの心遣いで、患者さまやお母さまと接しています。言葉遣いはやさしいですし、説明がとても分かりやすい。そばで聞いていて、私も同じ母親としてすごく勉強になっています。記憶力も抜群で、患者さまのことをほとんど覚えています。いい意味でお医者さんらしくない先生です。そうそう、キッズスペースの絵本、院長が一冊一冊選んでるんですよ。おもちゃもそう。子どもにしたら、病院だろがどこだろうが関係なく、待ち時間は退屈なもの。それを少しでも解消できるようにという、院長の気持ちの表れです。

受付

 

・院長をはじめ職員一同、患者さまのことを第一に考えている診療所だと思います。
 おかげさまでたくさんの方にご来院いただいております。
 子育て経験のある職員も多いので病気のお子様に対して自分達の経験をお伝えしたり
 する事もあります。
 患者様や御家族からの「ありがとう」は、やっぱり励みになりますね。
 明るい笑顔とあいさつで患者様に接してもっと明るい診療所にしていきたいですね。

・自宅の近くで午前中の仕事を探していたところ、見つけたのがみどり診療所。職員が仲の 良い診療所です。
   受付は患者さまと初めにお会いする場所、診療所の顔。分かりやすい説明と、
   笑顔で対応することが大切だと思います。何か分からないことがあれば気軽に声をかけて
   いただけるような、雰囲気づくりを心がけています。

・院長がやさしくて、とても明るい雰囲気の診療所です。
 周りから早口と言われるので、意識してゆっくり話すようにしています。
 患者さまも気さくな方が多く、「笑顔がいいね!」って言われたことが最近嬉しかった
 ことですね。
 私たち受付の顔を見て、ほっとして、少しでも気が楽になっていただけたらと思って
   います。「みどりに来たら安心」。そんな診療所が理想ですね。
 受付の私だからできることを、一生懸命頑張ってやっていきます。